ローディング

ブログ

ブログ

距離測定や3D空間スキャンなど。誰でも手軽に「測れる」Androidアプリ「HakaruAR β版」を第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)に出展。

VR(バーチャルリアリティ)/MR(複合現実)/AR(拡張現実)事業を手がける株式会社アイデアクラウドは、距離測定や、空間の3Dスキャン、図面の生成など誰でも手軽に「測れる」Androidアプリ「HakaruAR β版」をレノボ・ジャパン株式会社と共同で、6月21日~23日、東京ビックサイトで開催される第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)にて展示いたします。

hakaru_ar01_v

第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)でβ版を展示

6月21~23日の3日間、東京ビックサイトで開催される第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)において、GoogleのTango機能を搭載したファブレット「Phab 2 Pro」と共に、誰でも手軽に「測れる」をコンセプトとするAndroidアプリ「HakaruAR」をレノボ・ジャパン株式会社と共同で展示いたします。

【第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)の概要】
場所:東京ビックサイト 東1-8ホール レノボ・ジャパン株式会社ブース
開催日時:2017年6月21日~23日 10:00-18:00
料金:無料

簡単に距離の測定が出来る「計測モード」


hakaru02

「計測モード」は測りたい場所の端と端をタップするだけで簡単に距離を測定できます。
複数距離や測定位置の微調整の機能も搭載しており、多角形の距離計測も可能です。

【操作紹介動画】

立体的に空間をスキャン可能な「3Dスキャンモード」


hakaru03

空間をスキャンして、3Dメッシュデータの作成ができます。
スキャンしたメッシュデータは3DCGデータ(.obj)や点群データ(.ply)としてエクスポートすることも可能です。

平面図を簡単に作れる「図面生成モード」


hakaru04

部屋の角を順番にタップして行くだけで簡単に平面図を生成できます。
手間のかかる図面生成の補助として、簡易的な図面をその場で作成し、確認する事ができます。

「HakaruAR」の今後の展開について

正式版では、円の直径・面積・体積など様々な計測モードも実装予定で、図面生成ではJPG形式だけでなく、SVG形式でも保存ができるようになります。
リリースはGooglePlayにて6月末より、制限付きの機能評価版を無料で、全ての制限を解除した月々3,800円のサブスクリプションサービス版の提供を予定しております。

レノボ・ジャパン株式会社からのコメント

レノボは、世界で初めてGoogle Tangoテクノロジーに対応した端末「PHAB2 Pro」を市販するなど、AR、VRのテクノロジーにコミットしています。今回株式会社アイデアクラウド様がAndroidアプリ「HakaruAR」を提供開始されましたことを歓迎します。「HakaruAR」は開発にあたって当社PHAB2 Proでの動作検証を実施しています。「HakaruAR」の登場により、ARの利用範囲がさらに広範なものへと拡大してゆくことを期待します。

レノボ・ジャパン株式会社
モバイル製品グループ 本部長
マイケル・キャンベル

「HakaruAR」WEBサイト

レノボ・ジャパン株式会社

【本プレスリリースのお問い合わせ先】

株式会社アイデアクラウド
東京事業所
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-10-2 ATELIER YOURS 小川町 303
TEL:03-3525-8640(平日10:00~18:00)
担当:中田

名古屋本社
愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19 キリックス丸の内ビル5F
TEL:052-253-9866(平日10:00~18:00)
担当:田中

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top