ローディング

ブログ

ブログ

視覚と匂いで脳を騙せ!拡張現実で味を変える、日本発のユニークな研究が話題に

私達が物を感じる際に利用している五感。今回ご紹介するのは、その五感を利用して味覚を変化させる、ARを利用した面白い取り組みです。

meta-cookie_1

ARで味が変わる!視覚と嗅覚で味覚を欺く「Meta Cookie」

「Meta Cookie」は日本の東京大学の助教授である鳴海氏が発表した、視覚と嗅覚で味を変えると言うユニークな研究。

meta-cookie_2

ARマーカーを印字したクッキーに、チョコレートやいちご味のクッキーなどの見た目をARで被せ、その見た目に対応した香りを放出することで、味の変化を体感することができるといいます。現在の研究では、プレーンのクッキーをチョコレートやアーモンド、紅茶、いちご、オレンジ、メープル、レモン、チーズの8種類に変化させることに成功しているそうです。

テクスチャーと匂いのみで味が変化するこの仕組は、「クロスモーダル現象」と呼ばれる脳の錯覚を利用して、引き起こしているものだそうで興味深いですね。現段階ではクッキーのみでの発表ですが、研究が進めば様々な食品・飲料に応用出来そうですね。今後の開発状況へ期待が高まる注目のAR研究でした。

病院食への応用も?研究の活用へ期待高まる

今回ご紹介した「Meta Cookie」はただ味の変化を楽しむだけでなく、病院食など風味の薄い食事を味わい深くしたりなど、さまざまな分野で応用への期待が高まっています。他にも幼児用の風邪薬やバリウムなどの医薬品を飲みやすくしたり、流動食を美味しく感じさせるなどもできそうですね。利用幅の広い研究だけに今後も注目していきたいですね。

[参考サイト]
Bizarre VR Headset Can Change The Taste Of Food – VRScout

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top