ローディング

ブログ

ブログ

adobeが通常のカメラで6自由度を実現する技術を発表!Facebook発表に次ぐ6自由度撮影技術

360度カメラで撮影した映像ながらも、奥行きを認識し上下左右に自由に空間を移動できる技術「6自由度」。先日Facebookが発表した新型の360度カメラも、6自由度による撮影が可能とのことで話題になりました。今回ご紹介するのはadobeが発表した、通常の360度カメラで6自由度撮影が可能になる技術です。

6dof-adobe

通常の360度カメラで6自由度を実現!adobe新技術

adobeが発表したのは通常の360度カメラを使用して6自由度の映像を撮影できる技術。専用のカメラを持ち要らなければ不可能だった6自由度での撮影が、通常の360度カメラで可能になるといいます。

撮影しながらカメラを動かすことで奥行きを認識することで、映像の中で自由に動くことが可能な6自由度を実現しているのだそう。カメラを動かく速度は早すぎても駄目で、そこそこの加減が必要になるようです。

カメラを動かすという制限はありますが、こちらの技術が一般化されれば業界全体のVR技術の底上げにも繋がりそう。開発の続報が楽しみになる技術でした。

驚異的なスピードで進歩を続けるVR

VR元年と言われた昨年時点では、まだ技術的に解決の難しい難点がVRには幾つも存在していました。360度撮影での不自由もそんな問題の一つでしたが、今回ご紹介した技術が一般化されれば大きく解決へと事が動き出しそうです。驚異的なスピードで進歩を続けるVR。VR業界への注目度の高さが、技術の進歩へと大きく
貢献しているのかもしれませんね。

[参考サイト]
Road to VR

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top