ローディング

ブログ

ブログ

ARで住宅見学!展示場まで行かなくても、iPhoneひとつで見学可能な「Solidhaus」

人生における最も大きな買い物の一つである、住宅。何度も見学を重ねるなどして、購入に至るケースがほとんどでしょう。その際にネックとなるのが見学に掛かる費用と時間。せっかく足を運んでも、イメージと全く違った…なんて経験をした人も少ないはず。今回ご紹介するのは、そんなミスマッチを防いでくれるその場で物件見学を可能にするARKit「Solidhaus」です。

Solidhaus170719

iPhone越しに未来の我が家を見学!ARKit「Solidhaus」


こちらがARKitでリリースが告知されている物件見学ARアプリ「Solidhaus」です。既に同ソフトではVR版がリリースされており、こちらは後続のAR版ソフトウェアとなります。

実際の物件見学のように中に入って確かめる事は出来ないですが、実際の家を目にしたときの外観のデザインやスケール感などの印象をチラシよりも明確に掴むことが出来ます。

3Dモデルにあたる照明は、現在の太陽の位置と連動しており、よりリアルに近い状態での物件見学が可能です。

遠くにある物件を下見したいときや、一度に沢山の物件を見たい時、そして設計を依頼した建設前の家のイメージを掴むのにも良さそうですね。

物件見学のデメリットをカバーする、消費者のニーズにあったARKitアプリですね。

気軽にARで商品を呼び出し

以前ご紹介したARに対応したメニューや、今回ご紹介した物件見学アプリなど、今ARは新しい商品PR手段の一つとして注目を集めています。よりリアルに近い状態で商品の魅力を訴求できるARは、商品購入への力強い援助となりそうですね。今後のARを利用した他業種でのPR活動にも注目が離せません。

[参考サイト]
Solidhaus Uses ARKit To Preview Virtual Houses In The Real World

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top