ローディング

ブログ

ブログ

手軽にMRを実現!段ボール製MRゴーグル制作プロジェクトが始動

現実に仮想現実を重ね合わせるMixed Reality(複合現実、以下MR)。現在は体験可能な主流デバイス、Microsoft HoloLensが33万と非常に高額なため、手が届かない人々も多いというのが現状です。そんなMRを体験するためのゴーグルを手軽に入手可能になるかもしれない期待のプロジェクトがスタートしました。

Aryzon_Feature-810x456

ダンボール製で低コスト化を目指すMRゴーグル「Aryzon」

Kickstarterにて後援の募集がスタートしたプロジェクト「Aryzon」は、高額なMRゴーグルを抵コストで提供するために、ダンボール製のMRゴーグル制作を目指すと発表しました。

c967eefaa75877fbccebd4fea21ae3be_original

17d4dc5ad8ceb5ada22a8b1d9e920d90_original

Google Cardboardやハコスコなどの、ダンボール製VRゴーグルのようにスマートフォンを差し込んで使用するタイプのゴーグルで、「Aryzon」ではダンボール製のゴーグルの他に、MRを起動させるiOSとAndroidの両方で利用できるカスタムアプリも付属します。

価格は3,000円を予定しているそうで、ハコスコなどに比べると少し高いですが、それでも主流デバイスなどに比べるとずっと安価で、これからのプロジェクト開発に期待が募りますね。

低価格帯のゴーグルで一気に普及?

今回ご紹介したのは3,000円という低価格帯のMRゴーグル制作プロジェクトの始動という、嬉しいニュースでした。これまでなかなか普及が進まなかったMRですが、ダンボール製のゴーグルが発売されれば、一気に普及が進みそうですね。イベントなどでの利用も一気に視野に入ってくるのではないでしょうか。VRとはまた違った魅力を持ったMRですから、是非広く活用していきたいですね。

[参考サイト]
‘Cardboard For Mixed Reality’ Aims To Lower Platform Entry Price – VRScout

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top