ローディング

ブログ

ブログ

様々な角度から見る不動産業界でのVR活用例

バーチャルリアリティは、現実の環境や環境をデジタルで再現し、ユーザーの物理的な環境をエミュレートすることで、真に没入感のあるインタラクティブな体験を提供します。これは様々な業界に於いて有効なビジネス手段となり、これからの活躍が期待されています。今回は、不動産業界でのVR活用例をご紹介いたします。

購入体験の向上やデザイナーも助けるVR

ある不動産では、不動産購入の全体の手順をモバイルアプリで簡素化しています。見込み客は、仮想ビューを取得するために不動産アプリにログインすることができます。彼らは、特定の不動産物件のリストを求めることができます。顧客は物件を見ることができ、営業担当者はAIロボットのプロセスで元本承認を確認し、クレジットスコアと財務詳細を取得して住宅ローンの金額を正確に決定することが可能です。住宅ローンの限度額と物件の詳細は、顧客が閲覧できるようにVRヘッドセットに表示され、ハンドコントローラを使用して、顧客は物件に興味を示したり、別の機能を表示したり、追加情報を求めたりすることができます。住宅や不動産物件の購入に関しては、購入希望者がモバイルアプリに接続して不動産業者と通信し、バーチャルエージェント(音声ボット)とやりとりすることが可能になりました。

さらにバーチャルツアーも用意され、潜在的な買い手がWebサイト上で家をクリックすると、サイトには仮想ツアーが表示されます。この機能は、仮想現実のメガネの助けを借りて、すべての部屋の仮想ツアーを実施することができます。ツアーは家の様々な機能についての関連情報をナレーションする、仮想ガイドを組み込むことができます。

また、インテリアデザインにもVRが活用されます。不動産にバーチャルリアリティが導入されたことで、インテリアデザイナーはVRメガネを使って自分のデザインを展示することができます。インテリアデザイン会社は、顧客のために複数の仮想デザインを作成することができます。これらのデザインは、配色、レイアウト、エリア、部屋を強調することができ、顧客はデザインの変更を求めることができます。

テクノロジーを組み合わせて素晴らしいソリューションを提供

今回は不動産業でのVR活用例をご紹介しました。VRのみの利用ではなくAIを掛け合わせることで、さらなる顧客体験の向上を狙うことが可能です。XRと呼ばれるVR・AR・MRの活用で、これまでになかった体験が次々と生み出されそうですね。弊社でも、XR開発やAI開発を行っており、新しい形でのソリューションを提供しています。ご興味がございましたら是非お気軽にお問い合わせください。

参照元:Virtual Reality Applications: Benefits and Use Cases in the Real Estate Industry

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top