ローディング

ブログ

ブログ

VRの世界に現実のキーボードを持ち込み!Logitechが開発したVive専用文字入力システム「Bridge」

デバイスへの文字入力を補佐し、作業を手助けするキーボード。PCやタブレットを利用する時に、無くてはならない存在です。今回ご紹介するのは、そんなキーボードをVRの中にそのまま持ち込む、Logitechが開発したVR内で文字を入力する為のシステム「Bridge」です。

bridge_1

慣れ親しんだキーボード捜査をVRでも!VR文字入力システム「Bridge」

「Bridge」は現実のキーボードをを使いVRにリンクさせることで、慣れ親しんだ入力方法を実現するVRの専用文字入力システムです。

bridge_2

Viveトラッカーをキーボードの角に装着することで、HTC Viveに位置を認識させ、VRゴーグルのフロントカメラでユーザーの手元を取り込みVR内に表示することで、より現実に近い感覚で入力することを可能にしています。

この技術の登場で文字入力が一層やりやすくなる他、ショートカットキーなどを用いた操作もグッと行いやすくなります。

このキーボードが一般化すれば、開発面でも大きな影響を与えることになりそうですね。今後のリリース情報にも注目していきたいですね。

VRに日頃の環境を持ち込みより使いやすく

第二のワークスペースとして注目を集めつつあるVR。モデリングソフトや動画編集ソフトなどの開発発表が相次いでいますよね。そんなVRでの作業をより効率化してくれるのが今回のような旧来の作業環境をVRへ引き継ぐ取り組み。慣れ親しんだ環境を揃えることで、新しい作業環境でもより効率よく進めることが可能になりそうです。

[参考サイト]
Logitech Using Vive Tracker to Bring Your Keyboard and Hands Into VR for Efficient Typing – Road to VR

Introducing the Logitech BRIDGE SDK – VIVE Blog

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top