ローディング

ブログ

ブログ

VR治療、効果が認められ正式採用された事例を紹介

近年、テクノロジーの成長が著しくありますが、VRもその恩恵を受けています。珍しい存在だったVRヘッドセットも安価に手に入るようになり、個人で使用する方も少なくありません。様々な分野で利用され始めているVRですが、今回は医療機関で、ある博士の熱心な研究によりVR治療が正式採用された事例をご紹介します。

医療機関で正式採用された、VR治療

San Mateo Medical Centerの最高医療情報責任者であるMichael Aratow博士は、数十年前にVR技術に着目しました。彼は、その時からテクノロジーが医療を変えることを確信しており、VRハードウェアが手ごろな価格で手に入る今、ようやく実際に研究を始めることができたそうです。VRを利用した治療研究は、疼痛管理、救急、行動療法の場で行われています。疼痛管理では、1年に渡って研究され、VR治療は正式に採用されました。Aratowは、患者の満足度を高めたい、コスト改善をしたい、治療結果を良くしたい、スタッフの満足度を上げたい、と言い、これからもっとより良い治療法へと発展されることを確信しています。

VRが生活に溶け込む日も遠くない

VRは、教育やエンターテイメントなどの場所に多く使用されてきましたが、どんどんと新しい分野での使用法が登場しています。十年前、目新しかったスマートフォン利用が当たり前になったように、VRが私たちの生活の一部として溶け込む日も近いかもしれません。弊社でも、VRのコンテンツ制作などを行っております。VRを活用されたい方、是非お気軽にご相談ください。

参照元:Case Study: Delivering Better Patient Care with Virtual Reality

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top