ローディング

ブログ

ブログ

Digital Innovatorsで行う、学生の貴重な体験になるVR開発プロジェクト

デジタルスキルを活用できるよう、若者のサポートを行っているDigital Innovatorsでは、昨年10月からSolihull College & University CentreでITとITソフトウェアコースを学ぶ4人の学生が、ナショナル・ヘルス・サービス(NHS)のためのVRシミュレーションの作成に取り組んでいます。今回は、こちらの学生のVR開発への取り組みについてご紹介します。

実際のVR開発で学ぶスキルや体験

学生でありプロジェクトマネージャーのSteven Swann氏は、現在VRのための2つのシナリオを作成しているところだと説明しています。このシナリオを作成することで、現在医師や看護師になるための訓練や学習を行っている人たちの体験をより良いものにできると期待しているそうです。制作したVRシミュレーションの一例として、患者が呼吸困難になっている場面があります。VRシミュレーションでは、このような問題に遭遇したとき、どのような行動をすれば患者を助けることができるのかを学ぶことができます。VRは多肢選択問題の形式でユーザーと対話し、何をするのが正しいと思うかを選択できるようになっています。答えが間違っていた場合は、その理由を伝えてからもう一度試すという選択肢が与えられます。

このNHSのVRプロジェクトに参加した4人の学生は、仕事の現場で成長し、自信を得ることができ、VRの作成、新しいソフトウェアの使用、職場でのスキルの応用方法など、それまで知らなかったことを学ぶことができました。また学生の1人は「今のチームで仕事をしていてとても幸せだと感じています。この経験は本当に素晴らしいものです」と感想を述べています。

日常的なVR利用の可能性

今回は、Digital Innovatorsで行われている、学生のVR開発プロジェクトについてご紹介しました。日本では小学校にプログラミング学習が組み込まれ、このようにVRなども身近なものになっています。街中でVRを利用することが日常になることも近いかもしれません。また、抱えている課題もVR利用で解決できる可能性もあり、弊社でも課題解決に向けたVR利用をお手伝いさせていただいております。VRの利用をお考えの際は、是非弊社までお問い合わせください。

参照元:Bringing learning to life with VR

 

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top