ローディング

ブログ

ブログ

WEBVRで音楽をリミックス!直感的な操作で音のレイヤーを操作するGoogle「Inside Music」

WEB上でソフトのダウンロードなしに、ゲームなどの高度なVR体験を容易に行うことが可能な、GoogleのWEBVR。新しいVR表現の為のプラットフォームとして注目を集めています。そんなWEBVRを利用してGoogleが新たに「Inside Music」と言う面白いアイデアを発表したのでご紹介します。

google-inside-music_1

立体的な音のレイヤーで、直感的に音楽をリミックス!Google「Inside Music」

「Inside Music」は、WEBVR上で音楽をリミックスする体験を味わえる、VR音楽ツール。

google-inside-music_2

「ピアノ」「ボーカル」など音のレイヤーが球で表現されており、音源が流れるとリズムに合わせて球が弾み、波形が広がります。球をクリックすることで音楽のON/OFFを切り替えることができ、それを使って簡易歴なリミックスが可能です。

音を視覚的に判断できるため、知識のない人でも直感的に理解して操作を楽しむことができます。

デモでは球を使って音源が表現されていましたが、音楽のイメージに合わせて海や森林などのオブジェクトで音源を表現しても面白そうですね。

こちらの「Inside Music」は現在、GitHubにてコードの公開を行っているのでそれを利用して独自のミュージック体験の制作を行うことが可能です。

WEBVRで広がる音楽制作の世界

今回ご紹介した「Inside Music」のようにWEBVRでは、高度なVR体験を特別な準備なしにユーザーに体験させることが可能です。ダウンロードを行う手間なども必要ないので、より多くのユーザーに見て・体験してほしい、プロモーションなどへの利用に最適です。逆にWEBコンテンツですので、閲覧に制限をかけたい場合などには向いていません。目的に合わせ使い分けていきたいですね。

[Inside Music]
Song Exploder Presents: Inside Music

[参考サイト]
Google’s Inside Music Experiment Lets You Remix in VR – VRScout

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top