ローディング

ブログ

ブログ

AR版ストリートビューや現実にCGをオーバーレイする設計補助ツールまで!ARCoreでの実験をGoogleが発表

Googleが発表したARCore。既存のTangoに比べ更に多様性の有る開発が可能であると注目を集めています。今回は、そんなARCoreを使ってGoogleのDaydream開発チームが実験的に開発したアプリのデモをご紹介いたします。

google_arcore_1

広がるARの可能性!Google開発チームによるARCoreのデモ

GoogleのDaydream開発チームは、ARCoreを使った実験的な取り組みを幾つか発表しました。AR版ストリートビューや、現実にCGをオーバーレイする設計補助ツールなど、どれもこれまでにないARの新しい局面を感じさせるハイレベルなデモとなっています。

3Dモデルからストリートビューへ入り込む

google_arcore_1

こちらは3Dモデリングをストリートビューへの擬似的な入り口として、まるで模型を覗き込むように実写の世界に入り込むことが可能なGoogleストリートビューを利用したデモ。ストリートビューの直感的な操作を可能にしています。

現実の景色に建物の完成予想CGをオーバーレイ

google_arcore_2

こちらはまだ骨組み状態の家の上に、CGの完成予想図をぴったりとオーバーレイするデモ。現実の光景にきっちりと重ねた状態で、建物の完成をイメージすることができます。

ボタンでの操作が不要!移動でコントロールするストリートビュー

google_arcore_3

こちらのデモではGoogleストリートビューを、矢印やボタンでの操作なしに移動のみでコントロールすることに挑戦しています。まるで360度動画を見るような感覚でストリートビューを楽しむことができます。

周りの景色を加工して、オブジェクトへ自然とクローズアップ

google_arcore_4

このデモでは設置した3DCGオブジェクトをより印象的に見せることにチャレンジしています。オブジェクトに対する距離に合わせて、被写界深度を調整したり、周りの景気の彩度を下げるなどして自然と対象に視線がクローズアップされるようにしています。

リリース前から期待が高まるARCore

これまでに比べハイレベルな表現が可能になっているARCore。今回Googleから発表されたデモもハイレベルなものでしたね。Googleの開発ブログでは、ご紹介した他にもデモが紹介されていますので、興味をお持ちの方はぜひ一度そちらもご覧になってみて下さい。リリース前から期待が高まる発表でした。

Daydream Labs: Experiments with ARCore

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top