ローディング

ブログ

ブログ

遠隔でのVR体験の画面共有を可能に!AR Kitを利用した遠隔VRセッション「Holographic communication」

まるで現実世界から隔絶されたように没入感の高い体験が可能なVRですが、その性質故に体験者が見ている光景を共有することは少々手間の掛かるものでした。今回ご紹介するのは、そんな画面共有をAR Kitの技術を使って簡単にしたデモンストレーションです。

holographic-communication_1

遠隔でも簡単にVR画面をシェア!VRデータを利用した打ち合わせにも

ご紹介するデモは、近日リリース予定のAR Kitを利用し、iPhoneやiPadをモニターのように利用してリアルタイムでVR体験を共有するというもの。ただ映像を見せるだけでなく、外部カメラと連携して体験者の姿を取り込み、VR内の映像と連携させることで部外者にもより状況が伝わりやすくなっています。

デモ内では医療用3Dデータを使って外部のユーザーとセッションを行う、と言う想定でシステムを利用しています。医療業界でトレーニングやシュミュレーションなど、活用の輪の広がるVRですが、このシステムがあれば更に活用の幅が広がっていきそうですね。

今後の応用性も高そうなVR体験のサブモニターとしてスマートフォンデバイスを採用するアイデアでした。

VRを利用したセッションが容易に

今までもBlogに取り上げてきた通り、VRをトレーニングに利用したり、制作業務に利用したりなど企業缶での活用が広がっているVR。今回のように外部デバイスでの画面共有が簡単に実現可能になれば、医療業界以外での利用も広まっていきそうです。

[参考サイト]
Mimesys Leverages ARKit as a Mobile Viewer into Collaborative Virtual Environments

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top