ローディング

ブログ

ブログ

ホロレンズを使って操作!犯罪現場の状況を乱すこと無く証拠収集を可能にするプロジェクト

現実空間に映像を重ねる、VRとはまた異なるMR体験が可能なホロレンズ。そんなホロレンズを利用して、犯罪捜査に役立てようというプロジェクトが発足しています。Microsoft、Black Marble、イギリス警察が共同して取り組みに当たっている、MR現場保存プロジェクトです。

hololens-black-marble_1

MRで現場保存!ホロレンズを利用した犯罪捜査プロジェクト

こちらのプロジェクトは、現場をいかに保存しながら捜査を行うかに重点を置き発足したもの。現場に仮想のマーカーを置いて状況を記録したり、被害者や証拠品などを3Dでトレースし、現場に記録することが可能になります。

ホロレンズはインサイドアウトトラッキングを搭載しているため、非常に正確な3Dの現場状況を保存できると言います。弾道や血液飛散パターンなど細かい証拠も正確に記録することが可能なのだとか。

こちらのプロジェクトが一般的に採用されるかどうかはまだ未定ですが、英国のベッドフォードシャー警察によって使用テストが行われているそう。捜査のあり方が大きく変わりそうなホロレンズプロジェクトでした。

デジタルでより正確に現場を記録する

ご紹介したプロジェクトは、ホロレンズの機能を利用してより正確な現場保存を目指すものでした。今回は警察でしたが、自然研究や建築などの分野にも応用できそうですね。デジタルと連携して現実のデータを収集することでより深く正確な研究が可能になる、革新的な取り組みのご紹介でした。

[参考サイト]
HoloLens is the Latest Crime-Fighting Tool – VRFocus

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top