ローディング

ブログ

ブログ

360度撮影された動画の中を自由に動ける!HypeVR、AR Kitで360度動画内の6自由度移動を実現!

360度撮影された映像の中を自由に動き回れる…現段階では難しい場合がほとんどの6自由度の移動ですが、そんな技術の実現を目指してさまざまな企業が開発を進めています。今回ご紹介するのはそんな技術のひとつ、HypeVRが開発しているAR Kitでスマホで360度映像の中を自在に動き回れる技術です。

hypevr-arkit_1

AR Kitで実現!360度映像内を自在に移動 HypeVR

360度映像内を自由に動き回ることが可能な6自由度映像の開発にあたっている「HypeVR」が発表したのが、こちらの映像のスマートフォンで6自由度の移動を可能にする技術。

これまでその場で回転することしかできなかった360度映像で、前進後退の直線移動、物の裏側に回り込むなどの移動を実現しています。

さらに映像の没入感を高める為に、どこでもドアのようなポータルで映像の中に入り込む、というような演出も考えているそう。

これらのハイクオリティな映像をスマートフォン機器で再生する為に、HypeVRではクラウドサーバーにアクセスしそこからデータをリアルタイムで出力する方法を取っています。これによって、ハイエンドなVRゴーグルで閲覧するのと同クオリティの動画データを、スマートフォンで再生することを可能にしているのだそう。

現在こちらの技術はまだ開発段階にあるそうで、今後のリリースまでの発表にも注目していきたいですね。

将来的には6自由度映像が一般化?

HypeVR以外にも、360度映像内を自由に動き回ることができる6自由度映像の開発に取り組んでいる企業は多数存在します。Facebookの6自由度映像を撮影出来るカメラの開発発表は、記憶に新しいですよね。将来的に6自由度映像が技術が一般化すれば、VRが新しいフェーズを迎えることは確実でしょう。

[参考サイト]
HypeVR Uses ARKit as a Portal Into Volumetric Video Content – Road to VR

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top