ローディング

ブログ

ブログ

遠く離れた環境で暮らす家族にも家のぬくもりを!高齢者向けVRサービス「おもいで眼鏡」

今回ご紹介するのは、入院や治療などの諸事情で家族と長期間離れて暮らす高齢者向けのVRサービス「おもいで眼鏡」です。オーダーメイドで体験者が望む思い出を撮影・制作してくれるというこちらのサービス。早速その詳細を見ていきましょう。

761e92ab0f2af553cf36974b03292e22_s

VRで我が家に帰宅!高齢者の望み叶える「おもいで眼鏡」

今回ご紹介するのは株式会社Frorit(フロリット)が提供する、高齢者向けVRサービス「おもいで眼鏡」です。

我が家で暮らすことを望みながらも、病気の治療などで帰宅することが困難な高齢者に向け開発されたこちらのサービス「おもいで眼鏡」は、360°カメラにて撮影を行い、自宅への帰宅から孫の結婚式への参列まで、高齢者の希望する体験をVR上で再現しようという試みです。

ただVRでの体験を味わうだけでなく、独自の技術を使い匂いや感触の再現する4D体験を売りにしており、通常バーチャル体験よりも深い没入感を味わえるのだそう。

また売上の一部は闘病中の子供たちをVRで元気付けるための慈善活動への資金に当てられるそうで、チャリティー的な方面でも注目したいサービスですね。

VRによる思い出や記憶の売買

今回ご紹介したのはVRで思い出地や場所を疑似体験できるコンテンツでした。一度体験したことは記憶していても日が経つにつれ薄れていくもの。その場の状況を360°で丸々残し、尚且つ疑似体験することができるVRは、記録用コンテンツとしては最適なのかもしれません。
今回は高齢者向けの記録映像サービスでしたが、ペットやウェディングなどの分野でも活躍できそうなサービスですね。
VRによる記録コンテンツで私たちの、アルバムやホームビデオなどの思い出のあり方なども変わっていくのかもしれません。

[参考サイト]
高齢者向け3DVR動画撮影>4D体験サービス おもいで眼鏡|株式会社Froritのプレスリリース

photo by 写真AC

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top