ローディング

ブログ

ブログ

危険が多い重工業業界で活躍するVR活用例

皆さんは既にVR体験をされたことがあるでしょうか。近年VRは様々な場所で利用されるようになり、私たちの身近な存在になりつつあります。VR利用は、エンターテイメント業界やテクノロジー関係以外の場所でも多く利用されており、化学などの現場では危険物を実際に使用せずに模擬体験をすることができたり、防災関連では炎や転倒物が実際に当たる心配がなく災害が発生した場合をリアルに想定できることなどが評価されています。そのような中、重工業業界でもVRは利用されているようです。今回は、重工業業界でのVR利用例とメリットをご紹介します。

学習環境構築の手間とコストを大幅に削減した重工業業界でのVR利用

危険物が多い重工業業界での学習や訓練は、訓練のために繰り返し作業を行うことが困難であるため何度も訓練準備を行わなければならず手間がかかります。またサポート人員が必要な場合も多く、学習や訓練はどうしてもコストが掛かってしまいます。VRの利用は、そのような手間やコストを大幅に削減してくれます。

スムーズなオンボーディング

製造の現場への見学は、危険物、危険な場所の把握や問題が発生した場合の対処法などの訓練を受けないと入ることができません。新入社員や来訪者にこの訓練を受けてもらってから製造現場を案内することは非常にコストが掛かります。そこでVRを利用すると、実際には危険物や危険な場所に近づくことなく目の前に現場の光景が広がります。また、ガイドを付けることによって、様々なコストを削減して見学ツアーを行うことができるようになります。

 

より実践的なトレーニング

製品に故障や問題があった場合のために、研修生はトレーニングを受けますが、多くの研修生の前に実際に問題のある製品を前にすることは容易ではありません。そのため多くの場合、資料を使って問題を出題し、回答する形式が取られますが、VRを利用すればより実践的なトレーニングを簡単に受けることができます。問題のある製品を仮想空間上で目の前にして、手を動かして修理を行うことで、実際に問題があった時への対応力が高まります。

 

効率的な避難訓練

航空現場では、24時間たくさんの人が働いています。ここで避難訓練を行うには、航空業務への支障や全職員に行ってもらうための実行の時間帯など、面倒な問題が多く発生します。VRで行う避難訓練は、その場でリアルな避難状況を体験することができます。様々な時間に出勤する職員の最初の業務としてVR避難訓練を取り入れれば、全職員が手間なく避難訓練を行うことが可能です。

 

救急現場での訓練活用

救急の現場では、研修生のトレーニングは必須です。しかし、実際に患者を目の前にして行うトレーニングでは、命に関わる高い危険が伴います。人形を使用しても緊張感がなくなってしまいます。VRでは、実際の危険がないものの、研修生をリアルに現場に送り出すことができるので、適度な緊張感の中トレーニングを行えます。VRでCPRの研修を行った場合、実際の患者を目の前にした時も正しいCPRを行えた方が43%も上昇したそうです。

 

技術面でのVRトレーニング

部品トラブルなどの対応トレーニングのために、実際に動作する船や列車、飛行機などの部品トラブルを発生させることは困難です。このような場合、VRを利用すると音や視界で実際のトラブル発生時を体験しながら、緊張感の中でトラブル対応を行うことができます。訓練生は仮想空間で修理を行い、結果を目の前にすることで自分の判断や知識が正しいものかをしっかりと判断できるようになります。

 

危険な場所をリアルに体験できるVRの活用

今回は、重工業業界で利用されるVRについてご紹介しました。特に危険が多い業界なので、VRの利用は画期的なものとして注目を集めているようで、これからもより多くの活用が期待されます。危険物や危険な場所、人体に影響がある場合など、仮想空間上でそれを体験することができるのは、VRの大きなメリットです。様々な分野で活躍するVR、弊社でもあらゆるサービスをご提供しております。VRに関するお困りごと、ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

参照元:https://www.warpvr.com/blog/5-practical-applications-of-vr-training-in-the-heavy-industry

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top