ローディング

ブログ

ブログ

建設会社の低迷を救ったVRでの課題解決例

近年、VRは非常に多様なサービスで活躍しています。VRを目にする機会は多くなり、ゲーム、医療、自動車、不動産などの業界へは革新的な機会の影響を与えています。VRは同じように建設業界へも革新を与えようとしているようです。今回は、ある建設会社の課題をVR利用で解決した事例をご紹介します。

リアルな映像で信頼性を上げるVR体験

対象は、団地の建設を専門とする建設会社です。この会社の課題は、製品を迅速かつ効果的に販売できなかったことでした。また、会社のWebサイトはユーザーにわかりにくく、顧客エンゲージメントの低下につながっていました。さらに会社のソフトウェアは、使用されているデバイスの最新バージョンでは正常に機能せず、生産性と顧客エンゲージメントの向上と共に、革新的で最新のソフトウェアを探していました。

不動産ビジネスにおけるVR活用アイデアの1つとして、不動産を購入して建設する前に、将来の家を顧客に見せることがあります。顧客はVR上で、インテリア、家具の一部、色、テクスチャを選択し、家がどのようになるか詳細をすぐに確認することができます。VRでの視覚化は、他の視覚化形式よりもはるかにリアルで、顧客により鮮明にイメージを持ってもらうことができます。

VRを導入したその建設会社は、予算最大40%の削減、売上高30%増加、顧客満足度の向上、ウェブサイト訪問者数35%増加、会社のソフトウェアの適切な作業最小化、会社の従業員と顧客の時間の節約を行うことに成功しました。

VR利用での生産性アップや課題解決に期待

今回は、建設会社でのVR利用による課題解決例をご紹介しました。様々な業界で見られるようになってきたVR、没入感のあるリアルな体験を生かしてビジネスの効率化や売上向上に繋がりそうです。今回のような家を購入するときや、家具を購入するとき、また、自宅にいながらショッピングモールで買い物体験ができたり、体を壊したときVRで治療を行ったりということが当たり前になってくるかもしれません。弊社でも、課題解決に向けたVR制作を行っております。もしかしたら抱えている課題もVRで解決できるかもしれません。是非お気軽にお問い合わせください。

参照元:REAL-ESTATE VR IN REAL ESTATE: VR CASE STUDY

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top