ローディング

ブログ

ブログ

コロナ禍におけるVR利用で、従業員のパフォーマンスを向上

コロナ禍の今、世界でテクノロジーがどのように変化し、私たちを取り巻く世界に影響を与えているか気になりませんか。接触を防ぐことができる没入型のバーチャルトレーニングが、どのように仕事や現場での従業員のパフォーマンスを向上させることができるかをVR Visionの最近のケーススタディを例にご紹介します。VR Visionでは最近、Avangrid Renewables社の風力タービンのメンテナンストレーニングシミュレーションを開発しました。

コロナ禍におけるバーチャルリアリティ

VRトレーニングでは、学習成果とワークフローを最適化しながら、より多くの人をより早く、より安全な環境でトレーニングすることができます。これにより、移動コストなどの削減につながります。危険な作業を伴うトレーニングにバーチャルリアリティを使用することで、企業は現場でのミスを減らすだけでなく、怪我や事故を最小限に抑えることができる環境を作り出すことで、リスクを排除することができます。また、VRシミュレーションを利用することで、訓練生は再度映像で確認できる体験を通じて繰り返し学習することができ、訓練後の分析のための録画セッションを提供することができるため、学習の効率性を高めることも可能になります。 没入型の1対1環境では、訓練生はまるで現場にいるかのような感覚でトレーニングを行うことができます。また、シミュレーション中に犯したミスを特定することで、トレーニング後の評価や学習を行うことができます。 これにより、ビジネスリーダーは、どこに欠陥があるかを規模で確認し、それを監視してデータを収集することで、学習成果を最適化し、コストや有害な可能性のある将来のミスを防ぐことができます。

最新ソリューションを体験

新型コロナウイルスの影響により、VRをはじめとするテクノロジーを利用する業界が増えたように思います。利用してみると、想像以上に簡単で低コスト、高パフォーマンスなソリューションに驚いた方も多いかと思います。このようにVR利用のメリットは多くあり、利用に迷っている方も一度体験してみるといいかもしれません。弊社でも、予算に合わせたVR開発などを行っております。ご興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください。

参照元:Virtual & Augmented Reality Training in a Post-COVID World

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top