ローディング

ブログ

ブログ

サウスカロライナ州立公園のVRハイキング体験

今回はご紹介するのは、VRの山頂ハイキング体験です。サウスカロライナ州立公園では、最も困難なハイキングを体験できるバーチャルリアリティ新たに提供しました。

健康状態や運動能力に関わらずハイキングを体験

州立公園サービス局長のポール・マコーマーク氏によると、サウスカロライナ州のテーブルロック・マウンテン山頂ハイキングは、健康状態や運動能力に問題のある人にとって、身体的に厳しいものだといいます。ハイキングは3.6マイルにも及び、山頂まで2,000フィートの高さがあります。VRベースのバーチャルな山の体験は約5分間で、通常の往復4~5時間のハイキングに比べて非常に短い時間です。

バーチャル体験には、キャリック・クリークの滝、ハイカーのためのシェルター、ガバナーズロックの展望台、山頂からのパノラマビューの4つのハイキングコースがあります。 1月1日にオープンしたこの体験はすでに40人が試しており、良い反応を得ているとのことです。

開発に協力したマーケティング会社BFGのディレクターであるライアン・クラーク氏は、フィルムを完成させるのに約15時間かけて、6台のカメラを備えた球状のカメラセットを使用し撮影を行ったといいます。

バーチャルリアリティ体験は、視聴者がまるでその映像の中にいるかのような印象を与えます。視聴者の動きは、現実の生活と同じように、そのまま景色の見え方に影響を与えます。

雄大な自然も身近に感じられるVR体験

今回は、州立公園でのVR活用例をご紹介しました。このようにVR体験によりハイキングを視覚化できることは、雄大な自然環境を身近なものに感じさせてくれるでしょう。

VRは動きが大きく、カスタマイズの自由度も高いため、様々な業界で有効なツールとして活用することができます。抱えている課題が、もしかしたらVRで解決できることもあるかもしれません。弊社では、課題解決に向けたVR開発を行っております。VR利用をお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください。

参照元:VR Being Utilised by SC State Parks to Make Summit More Accessible

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top