ローディング

ブログ

ブログ

航空業界を救うVR利用。機内VRで高い費用対効果を実感。

新型コロナウイルスにより飛行機も運行停止になるなどの影響が出ていますが、アフターコロナ時代で機内VRは当たり前になってくるかもしれません。 今回は、 ユーザーへの革新的なアプローチとして利用されたSunExpressの機内VRをご紹介します。

しっかりした事前準備と高い評価を得た機内VR

Inflight VRソフトウェア環境のスクリーンショット

SunExpressは、リゾート地へ出発するすべてのフライトで、15台のVRデバイスを利用しました。5分間は無料で提供し、残りのフライト時間での利用を€8で提供。実際に運用する前には、乗務員に対してしっかりとしたトレーニングを行い、顧客体験を成功させるための準備を行いました。さらに、SunExpressは、LEGOとスポンサーシップおよび製品配置パートナーシップを結び、機体をLEGOのイラストで装飾、VRコンテンツもLEGOとしました。実際に利用した乗客からは好評で、非常に高い満足度を得ることができたようです。1人あたりの平均使用時間は一時間を超え、乗客の83%はVR体験をしたことがなかったにも関わらず、機内VRの使いやすさを評価していました。費用対効果の高いVRは、SunExpressからも高い評価を得ることができました。

革新的なソリューションで危機を打開

今回は、機内VRについての利用例をご紹介しました。新型コロナウイルスの影響で危機にある航空業界ですが、新しいテクノロジーの利用により、その影響が軽減される可能性があります。新しいもの、革新的なものをうまく提供していけば、高いエンゲージメントをとれるのではないでしょうか。弊社でも、課題解決に向けたVR制作を行っております。VRについては是非お気軽にお問い合わせください。

参照元:Holiday airline elevated customer experience for summer season.

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top