ローディング

ブログ

ブログ

VRで標高1,000mの岩山への登頂に挑戦!アディダスがVR登山体験イベントを実施

現実では訪れることのないような土地を訪れたり、空を飛ぶなど現実ではありえないことを体験できるのがVRの面白さです。今回ご紹介するのは、そんなVRの特性を活かし、来店者に現実では体験できないVR体験を提供したアディダスの店頭プロモーションです。

terrex-vr_1

VRで標高1,000mの岩山をロッククライミング!アディダス「TERREX VR」

スポーツブランドであるアディダスが企画したのが、この「TERREX VR」です。VRの中で世界的にも難易度の高い山として著名なコルシカ島のBavella山脈の登頂を目指すことができます。

terrex-vr_2

adidas Rockstars 2017

参加者はVRのコントローラーを駆使し、標高1,000の岩山をロッククライミングするというスリルを味わうことが可能なのだそう。

映像制作にはGoogleのJUMPカメラを利用し、実際の岩山で撮影を行った360度映像を利用。CGで作られた景色ではないリアリティのある体験が味わえるのだそうで、スポーツブランドということもあり、アウトドアスポーツを好む顧客に受けそうなアイデアですね。現在は中国内での店舗で同体験を提供しており、今後アディダスは中国以外でも西ヨーロッパでの展示を検討しているそうです。

興味はあるけど実現が難しい体験で顧客の心を掴む

ご紹介したTERREX VRのように「標高1,000の岩山をロッククライミングする」など、興味はあるけど実現するのは難しい…そんなコンテンツを的確にリサーチし、制作することで顧客によりリーチし易いVRコンテンツを制作することができます。空を飛ぶ、海底を散策するなどの人気コンテンツも、そんな人々の興味はあるけど実現が難しいをコンテンツ化したもの。上手に顧客の心理を見抜いて適切なコンテンツを提供していきたいですね。

Adidas Unveils Vertical Reality Experience: Acrophobics Need Not Apply – VRScout

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top