ローディング

ブログ

ブログ

興味や想像力を深める、教育シーンでのVR活用

VRの利用が加速する現在、一番多くVRが活用されているところはどこだと思いますか?ゲームでのVR活用が多いのではないかという声が上がってきそうですが、実はゲームよりも教育におけるVR活用がとても盛んなようです。今回は、そんな教育におけるVR活用例をご紹介します。

教育におけるVRの活用例

近年、テクノロジー技術は大きく進化しており、手ごろな価格の機材が多く販売されるようになりました。教育面では、教師向けの無料VRアプリケーションも多くあります。教育でVRを利用すれば、問題の解決策をより明確に視覚化することができ、さらに資格情報はより魅力的なものとなり、生徒はどこにいても授業を受けることができます。教育におけるVR活用例は以下の通りです。

1.グループワーク
VRChatアプリを利用してグループワークを行うことができます。VRを利用してグループワークを行う利点として以下が挙げられます。
・学生が実際の化学物質を取り扱うよりも安全な環境で実験できるようにします。
・バーチャルな成長サイクルを通じて、植物とその環境との相互作用について学びます。
・教室でこれらの観察と分析を行う学生の能力を制限する予算を節約します。
・仮想3Dオブジェクトを操作して、抽象的な空間的な幾何学的概念の理解を深めます。

2.仮想空間へ旅行
仮想空間を利用すれば、生徒を地球の裏側へも連れて行くことが可能です。アプリを利用すれば、ツアーを組むことも可能で、例えば北極やNASA宇宙センターなどのツアーができます。

3.仮想ラボ
現在では、「仮想ラボ」のアイデアが勢いを増しています。例えば、Labsterを利用すると生徒は倉庫から好きな化学物質を選択して、好きなように使用できます。Labsterではのシミュレーションを利用すると、生徒は実際のケースストーリーに取り組み、実験を行い、その後クイズ形式で学習することができます。

4.デザインとアート
VRは、建築とデザインの分野でとても活躍しています。Tilt BrushやGravity Sketchのアプリを使えば、ペイントやモデリングを作成し経験やスキルに関係なく表現力豊かな作品を制作することができます。

5.歴史をリアルに体験
Timelooperを利用すれば、過去の出来事もリアルに体験することができます。例えば第二次世界大戦中、人々がどのような暮らしをしていたかなど360°バーチャルリアリティビデオを使用して体験することができます。

リアルな教育を取り入れ創造力を豊かに

今回は、教育シーンでのVR活用についてご紹介しました。授業を退屈に感じる方が多いように感じますが、VRを取り入れれば興味はもちろん、よりリアルな体験をすることができ記憶への定着や興味の幅もより一層広まると思います。外出自粛の影響によりリモート授業が増えているのを見ると、教育シーンで実際にVRが活用されることが当たり前になるときも遠くないかもしれません。

[参考]https://www.theproche.com/2020/04/05/5-examples-of-virtual-reality-in-education/

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top