ローディング

ブログ

ブログ

長距離バスでのVR利用で、乗客の退屈を解決!

VRは、様々な場面で素晴らしいソリューションとなり得ます。今回ご紹介するのは、FlixBusでのVR利用例です。FlixBusは、2013年以来1億人を超えるヨーロッパ最大の長距離バスネットワークです。FlixBusはバス内で利用できる、低コストで簡単なエンターテインメントソリューションを探していました。

路上利用に適用させたVRでエンターテインメントを提供

FlixBusは、スペインとフランスを繋ぐ路線のバスの乗客に、オリジナルのVRを無料で提供しました。VRは航空機で利用されたプラットフォームを使用しており、バスでの環境に合わせて微調整を行いました。厳しい快適性評価を受けて改善され、路上での使用でも適用するようになりました。オリジナルコンテンツでのVRは、乗客を楽しませ、旅をさらに楽しんでもらうことができました。FlixBusは「2013年に誕生した瞬間から革新を続けています。近年最も高い可能性を秘めているテクノロジー技術のひとつであるVRで、エンターテインメントを提供することは、お客様にサービスを提供したいという私たちの願いを叶えるものでもあります。」と言います。

長距離移動をもっと楽しく、快適に

今回は、FlixBusでのVR利用例をご紹介しました。長距離バス移動は大変ストレスが掛かるものですが、価格の手軽さなどからこの移動手段を選択する方も多いのではないでしょうか。酔いなどが心配でしたがバス環境に合わせて調整されたとのことで、10時間前後動けないバス移動の中、VRは素晴らしい役割を担っていくと考えられます。今後も新たなVR活用方法に期待します。また、弊社ではVR制作を行っております。抱えている課題や問題も、もしかしたらVRで解決できるかもしれません。ご相談などはお気軽にお問い合わせください。

参照元:VR on the road in the US and Europe with Inflight VR and FlixBus.

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top