ローディング

ブログ

ブログ

デジタル環境でインディアナサッカーアスリートの育成!

昨今esportsが加速度的に普及している中、スポーツアスリートたちがデジタルコンテンツをトレーニングに逆輸入する試みがあるようです。最先端のVR技術とesportsの専門家を組み合わせて、デジタル環境でアスリートをトレーニングすることに焦点を当てた組織、American Youth Soccer Cooperative for Esports (以下AYCE)がその一例です。今回は、スポーツ業界でのVR活用術をご紹介いたします。

アスリートとコーチのそれぞれのプラットフォーム

AYCEの最初の試みはイギリスのマンチェスターに拠点を置くVR企業Rezzilと提携し、インディアナサッカーにesportsトレーニングプラットフォームを提供することでした。まず、アスリートはRezzilのVRプラットフォームを使ってトレーニングを行い、実際のサッカー場にいるかのように体を動かしながら仮想のボールでトレーニングを行います。練習中は、デジタルホログラムがさまざまなスキルやテクニックを案内してくれるそうです。分析プラットフォーム「GYO Score」とRezzil社のVRツールを組み合わせることで、コーチは蓄積されたデータからトレーニング中の選手をより深く分析することが可能になったそうです。

このようにesportsから着眼点を得た全く新しい効率的なトレーニングを行なっていくことこそが、より時代に即したトレーニングと言えるのではないでしょうか。

VRを用いたアスリートの育成

今回は、スポーツ業界でのVR活用例をご紹介しました。このようなVR技術を用いた新しいトレーニング方法は今後より普及していきそうですね。

VRは動きが大きく、カスタマイズの自由度も高いため、様々な業界で有効なツールとして活用することができます。抱えている課題が、もしかしたらVRで解決できることもあるかもしれません。弊社では、課題解決に向けたVR開発を行っております。VR利用をお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください。

参照元:Combining VR With Esports To Train The Next Big Soccer Star

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top