ローディング

ブログ

ブログ

Google ChromeがWebサイトをVRで見れる新機能を開発中

GoogleがVR非対応のWebサイトでもVR視聴できる機能をGoogle Chrome用に開発中なのでご紹介したいと思います。

image019

VR ShellでVRが使いやすくなる

VR ShellとはCardboardやDaydreamに対応しているスマートフォンで、VR非対応のWebサイトでもHMDをつけたまま、いつも通りネットサーフィン、VRコンテンツ視聴の両方が可能になる機能です。こちらの機能は、アプリ入手後、アドレスバーに「chrome://flags」と入力することで設定可能。また、GoogleはOculus RiftやHTC VIveなどのヘッドセットにも対応したChromeを開発中とのこと。

google-chrome-webvr-vr-shell

VR Shellから学ぶこと

VRヘッドセットでWebサイトを閲覧する際に、VR非対応のWebサイトの場合、一度ヘッドセットを頭から取り外さなくてはなりませんでした。VR Shellが実装されれば、取り外す手間がなくなり、ストレスが減ります。まだ開発の初期段階なので実装まで時間が掛かりそうですが、VRの新たな機能に期待したいですね。

[参考サイト]
ROAD TO VR

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top