ローディング

ブログ

ブログ

Googleの新VRフォーマットVR180対応に対応した2眼カメラが登場!より実写VRを手軽に

GoogleとYoutubeが共同開発し、昨年6月頃に発表を行った新フォーマット180度VR。従来の360度VRに比べて注目してほしい箇所に確実に視点を向けさせることが可能になるなど、360度VRが抱えていたデメリットを解決してくれる新フォーマットとして注目を集めていました。今回ご紹介するのはそんなVR180に対応したカメラデバイスです。

vr180_camera_3

気軽にVRコンテンツを撮影!180度VRカメラ

vr180_camera_1

今回180度VR制作をサポートするデバイスとして発表されたのが、「Lenovo Mirage」と「YI Horizon VR180 Camera」です。従来の360度撮影機材と異なり、とてもスマートで、デジタルカメラのような手軽なハンドサイズです。

vr180_camera_2

撮影範囲は正面向きの半球180度で、画質も4Kと非常に高画質になっています。

詳しい情報はまだ発表されていませんが、撮影した映像は、YouTubeやGoogle Photosなどのサービスで利用でき、CardboardやDaydreamなどのVRヘッドセッドで3DのVR180映像として視聴可能です。またPCなどのデバイスからも視聴ができ、その場合は2Dでの視聴になるとのこと。

360度とは又異なる特性をもつ180度コンテンツですから、今後どう活用されていくのか非常に楽しみですね。

VR180は実写コンテンツに最適

VR180には、撮影の裏側が写り込まない、視聴者をコンテンツに注目させやすいなど、360度コンテンツにないメリットが多数存在します。特にCGのように自由に世界を作り込むことのできない、実写コンテンツにて高い需要が見込まれているようです。新しいVRでの表現手法として今後も注目していきたいですね。

[参考サイト]
CES 2018: Google Announces 'VR180' 3D Consumer Cameras Coming from Lenovo and Yi Technology

[VR180公式サイト]
VR180

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top