ローディング

ブログ

ブログ

屋内でスカイダイビングを堪能!VRゴーグルで一気に上空200kmの世界へ

遥かに高い想像を絶する高度から身一つでダイヴする、スカイダイビング。興味があったとしても、なかなかそのハードルの高さからチャレンジするに至らない、ハードルの高いスポーツですよね。今回ご紹介するのは、そんなスカイダイビングをVRを使って遥かに安全な地上で体験しようという取り組みです。

vr4d-skydive_1

実際に浮遊する感覚は本物!本格派なVRスカイダイビング体験

「VR4D Skydive」はVRを使った地上で楽しめるスカイダイビング。体験者はまずVRゴーグルを身に着け、風圧で浮遊する体験を味わえる特殊な装置へ。

体が浮遊するのと一緒に、実際に撮影されたスカイダイビングの360度映像をみることで、まるで本当にスカイダイビングを行っているかのような没入感の高い体験を味わうことができます。

こちらの体験に使われている特殊な装置は、元々室内でスカイダイビングを楽しむためだけに作られたウィンドトンネル、と呼ばれる専用のもの。30分程度のトレーニングで4歳から利用可能になるのだそう。

手軽に本格的なスカイダイビングを、安全に楽しむことのできる「VR4D Skydive」。今後他のアトラクション施設などにも、取り入れられる機会も増えていきそうです。

スリリングな体験もVRで安全にチャレンジ

今回ご紹介したVRで楽しむスカイダイビングのように、VRでは現実世界では体験するのを躊躇ってしまうようなスリリングな体験が人気を集める傾向にあります。体験者のリアクションも大きいのでイベントにもぴったりです。当ブログでも度々スリリングなVR体験をご紹介していますので、是非過去記事の方の参考にしてみて下さいね。

[参考サイト]
VR Meets Indoor Skydiving With Tunnel Vision – VRScout

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top