ローディング

ブログ

ブログ

ヒートマップでユーザーの視点を解析!成果を上げる360度コンテンツをつくる「VRヒートマップアナリティクス」

360度映像やVRコンテンツでユーザーの視点を追跡することが出来るヒートマップ。FacebookやYoutubeで利用可能な機能のひとつで、ユーザーの反応を知る為の重要な手がかりとなります。今回ご紹介するのは、そんなヒートマップを本格的なアナリティクス機能として利用しようという取り組みです。

vr_heatmap_analytics_2

360度解析でコンテンツの質を高める「VRヒートマップアナリティクス」

ezgif.com-video-to-gif

Yulio Technologiesが開発した「VRヒートマップアナリティクス」は、ユーザーがビデオの中のどこに注目しているかを解析し、よりユーザーに最適化したコンテンツ作りを目指せるアナリティクスツールです。

vr_heatmap_analytics_1

既存のマウスやコントローラーの動きを読み取って解析するヒートマップとは異なり、ユーザーの視線の動きを追跡し、ヒートマップ上に表示してくれます。ゲーム開発や不動産業まで幅広い業種での活用が見込まれるそう。VRや360度の為のアナリティクスとして注目していきたい機能ですね。

ユーザーの反応を知ることでコンテンツを最適化

「VRヒートマップアナリティクス」は360度コンテンツ内でのユーザーの反応を知りたい、という方には最適な解析ツールとなりそうな取り組みでしたね。制作した360度コンテンツの改善はもちろん、設計した建物の3Dモデリングを制作して、実際の内覧に近い形で施工前にユーザーのリアルな反応をしるなど、他の用途にも活用していけそうです。さまざまな業界で活躍が見込まれそうなVR解析ツールでした。

[参考サイト]
VR Heat Map Analytics Could Be Next Big Thing For Designers & Retailers – VRScout

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

top